従来、小学校での学習指導の内容は、児童に負担をかけないゆるやかなものがとられてきました。しかし、中学入試の出題内容が平易になっているわけではありません。小学校の課程で学習する範囲内でありながらも、小学校の授業の中ではふみこまないような、より細部にわたった広い知識や、より高度な思考力・応用力を要求する問題が出題されています。

-志望校合格へのより確かな実力を身につけるために-

教英社の日曜進学教室・受験科教室は、中学受験に必要な国語文章題や熟語・語彙、算数のつるかめ算の特殊な文章題の解法を学び、身に付けるための教室です。対して、講座はこれらの教室で身につけた知識・技術を入試レベルの問題を解くことで、さらに解答作成力を養うハイレベル指導の講座です。

* 志望校合格に必要な学習事項を厳選
* 志望校別の出題傾向に合わせた実践指導
* 確実な合格力を養成する集中特訓

受験科教室は、中学受験をめざす小5~小6年生を対象に、受験のために必要とされている学力を養成していく教室です。毎回、学習項目をしぼり、テキストおよび補習教材を使って、授業形式で指導していきます。
日曜進学教室と学習進度は並行していますので、あわせて受講していただければ日曜進学教室の予習の位置づけになり、より効果的です。

-文章題が好きになる-

中学入試の算数問題や公立中高一貫校の総合適性検査問題では、各学校が工夫をこらした様々な算数文章題がその問題構成の中心となっています。
 中学受験を希望する児童の中でも、文章題に対して苦手意識を持っている児童がかなり多いと感じます。そんな「文章題」への苦手意識をとり除きたい、「文章題」が解けるようになって、自信をつけさせたい。日曜進学教室や受験科教室でも学習しますが、より深く、より多くの問題に取り組みたい児童のための、「算数文章題教室」です。

静岡学園中・静岡大成中受験クラスは、静岡学園中または、静岡大成中受験をめざす小6年生を対象に、受験のために必要とされている学力を養成していく教室です。毎回、学習項目をしぼり、テキストおよび補習教材を使って、授業形式で指導していきます。
国語の授業では、語彙(漢字・熟語・文法・ことわざ・慣用句)をハイレベルに鍛えていきます。長文問題演習では記述問題の考え方を指導してまいります。算数の授業では6年生で学ぶ単元と文章題を中心に丁寧に解説・指導してまいります。

清水南高中等部・浜松西高中等部に入学するためには、「総合適性」「作文」「面接」を受けなければなりません。
県教育委員会が公表している総合適性検査の出題意図は「学校で学んだことだけでなく、身近な生活の事がらを題材に理解力や思考力、課題を発見し解決する力などをみるため」としています。
これらに対応するためには、国語・算数・理科・社会などの幅広い知識を前提に県教育委員会が唱える新しい学力観を意識し、小学生としてどのように社会とかかわっていくのかをふだんから念頭におき、確かな学力を身につけておかなければなりません。そして、出題された問題文の意図を正しく読み取る力・自分の考えや意見を正しく表現する力が必要となります。
教英社では、毎回学習事項をしぼり、プリントおよび補助教材を使って、授業形式で受検のために必要な学力を養成してまいります。